トピックス

お知らせ

幼稚園の特徴

一人ひとりの子どもが、日々瞳を輝かせて生活し、充実した幼児期を過ごせるよう保育を展開します。

また、北海道文教大学こども発達学科とともに「今日の子ども」の成長に適する保育の開発と実践を行っています。

人とかかわりを持ち、さまざまな困難に立ち向かう逞しい子どもは、さまざまな人々と密接な触れ合によって育てられます。日々の保育環境の中で交される先生やお友達、大学生や高校生との交流は、多様な人の存在を知る大事なかかわりの体験です。
さまざまな人の人柄や思いに触れることで、「毎日全力疾走している子どもたち」は、癒されつつ元気を回復するのです。

子ども同士、みんながなかよく知り合える幼稚園。
すべての職員と、幼稚園のお友達、そのお母さんお父さん。
みんなが親しく知り合える小さな幼稚園でありながら、大学生、高校生をはじめ、多くのさまざまな人たちがいつも身近にいる幼稚園です。

保育の重点目標

  1. 毎日の生活を大事にして、よい生活習慣を身につけます。
  2. 自然体験や社会生活体験を大事にし、豊かな興味関心を育てます。
  3. 体を動かすことが大好きになり、丈夫な体を作ります。
  4. 子ども一人一人の豊かな表現を大切にします。
  5. 思いやりの心や憧れの心、協調性や自立心を育みます。

1. 毎日の生活を大事にして、よい生活習慣を身につけます。

おはようございます。仲間にいれて。一緒にあそぼう。
これかして。ありがとう。いただきます。ごちそうさまでした。
またね。さようなら。

手を洗うこと。鼻水をかむこと。並ぶこと。片付けること。
ともだちと先生との毎日の暮らしの中から、たくさんのことを学んでいます。

自分がしてもらうだけでなく、仲間達とどう生活していくのかを伝え合います。

2. 自然体験や社会生活体験を大事にし、豊かな興味関心を育てます。

【春】
園庭の草花、園内の敷地内散歩、おたまじゃくし捕り

【夏】
近くの公園への園外保育、水あそび、泥んこあそび、虫捕り

【秋】
木の実、落ち葉拾い、ぶどう狩り、社会見学、観劇

【冬】
雪合戦、かまくら作り、そりあそびの雪あそび

3. 体を動かすことが大好きになり、丈夫な体を作ります。

「○○する人寄っといで!」と鬼ごっこ、色鬼、たかたか鬼、影踏み鬼、ろうそく鬼など、昔ながらの遊びを大切に伝えています。

マットでごろごろ、フープくぐりなど自由活動での運動遊びから、グランドでのサッカー、リレーへと、だんだん運動量も増え、年長児の技術が輝いてきます。

4. 子ども一人一人の豊かな表現を大切にします。

自分の思いつきや考えを、自分の言葉で話すこと。それをしっかり受けとめ、聴くことを大切にしています。

「これとあれとを組み合わせたらステキに変身するかもね。」の発想を、子どもたちは実に巧みに行います。たくさんのものを見て、感じて、それぞれの心をのびやかに育てたいものです。

5. 思いやりの心や憧れの心、協調性や自立心を育みます。

朝、庭の草花に「きれいに咲いて良かったね。」と声をかけ、野菜の収穫を心待ちにしている子どもたちです。

「○○ちゃんはお母さんになって。」「ちょっと待って。今、切符を作ってるから。」と、みんなで相談し合って、遊びを広げている姿が見られます。互いの考えや気持ちをぶつけ合いながら、少しずつの育ちが伝わってきます。

「やってみる。」「先生もういい。」「ちょっと貸して。」と入園当初、担任の膝を一人占めしていた園児が、いつのまにか大変身。
友だちとの毎日の生活が、こんなにも大きくしてくれました。

ページ上部へ戻る

入園お申し込みお問い合わせ
学校法人 鶴岡学園 北海道文教大学附属幼稚園
〒005-0849 札幌市南区石山 531番地 TEL:011-591-7512/FAX:011-596-7517