トピックス

お知らせ

ごあいさつ

2017年11月

子どもの姿から

秋を通り越して冬になったかのような気候です。まだまだ、戸外で思い切り身体を動かして遊びたいものです

保育充実期の今月には、発表会があります。子どもたちは、毎日のように劇遊びを楽しんでいます。行事は、保育者が子どもに活動を一方的に指導するものではありません。子どもたちの育ちの姿を確認するとともに、さらに楽しさや、喜びを実現し、育ちを促そうとするものです。運動会では、みんなで協力して楽しみを作り上げることを体験しました。子どもたちの育ちの実感が、9月の誕生会で垣間見ることができました。運動会の感想を聞かれて、「頑張った」「一番になった」等のほかに、「うれしかった」「じんときた」等と様々な表現が出てきたのです。行事後の成長は、つるのこさんに顕著です。一番大きな年長さんとしてできることを少しづつ確かなものにしており、行事で得た自信を基に縦割りクラスの中で頼りになる存在として遊びをしっかりとリードしています。

先日、いちご組が、「忍者まつり」なるものを行っていました。クラスでは忍者ごっこで遊びが盛り上がっていて、担任は、この遊びから劇遊びに結びつけていこうと考えていたのですが、子どもたちの「他のクラスとも一緒に遊びたい」との思いを受けて、ホールで、園全体で楽しみました。劇遊びに向かって継続的に活動を行っている時期です。大人の考えでは、一寸余計なことと考えがちですが、子どもの気持ちに向き合った担任、拍手です。果たして、発表会でどんな忍者たちに出会えるか。本当に楽しみです。

園長 小田 進一

|2017年10月 巻頭言へ|

ページ上部へ戻る

入園お申し込みお問い合わせ
学校法人 鶴岡学園 北海道文教大学附属幼稚園
〒005-0849 札幌市南区石山 531番地 TEL:011-591-7512/FAX:011-596-7517