トピックス

お知らせ

ごあいさつ

2021年3月

すずらん保育園での研修を経て

寒さ厳しき中にも、少しずつ日が長くなりはじめ春が近づいてくる思いがいたします。そんな中でもまだまだ寒い日が続きそうですね。子どもたちもですが、保護者の方々もどうぞご自愛くださいませ。

2020年3月のことでした。さぁ来年度は最後1年の幼稚園!頑張るぞ!と思っているところに「来年度は恵庭のすずらん保育園へ…」との打診をいただき、衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。最後の1年、ここ附属幼稚園で子どもたちと寄り添っていきたかった…という思いを引きずりながら、私自身の1年がスタートしたのです。初めましての子どもたちとの出会いに心躍りながらも、ふとした合間に「今はみんなで外遊びの時間かなぁ」なんてことを思って過ごしていました。

月に数回、幼稚園に戻ってきた時、子どもたちの成長にとても驚かされました。「△△くん、こんなことが出来るようになったんだね!びっくりしちゃった!」と私が先生たちに話しかけると「そうなんです!!△△くん、それが出来るようになる前にこんなことがあって…○○ちゃんが助けてくれて…さらにこうなって、ああなって…」「そうそう!この間は□□ちゃんが…」なんて、もう先生たちからの“子どもたち素敵エピソード”が止まりません。附属幼稚園という場所から一歩離れてみて、子どもたち自身の持っている力はもちろんのこと、先生たちの子どもを思う気持ち・まなざし・あたたかさなどを再確認し、さらにその重要性も改めて学ぶことができました。そして、何事も前向きに取り組んでいく子どもたちの姿勢に、思いを引きずっていた私は反省させられたのでした。

振り返るとあっという間に1年が過ぎ去ろうとしています。附属幼稚園で感じたこと・悔しかったこと・楽しかったこと・挑戦してみたこと…どれも子どもたちの成長に欠かせない大切な気持ちです。たくさんの人の思いに触れ、一回りも二回りも大きくなった子どもたち。研修に行かせていただいていた職員も、3学期は附属幼稚園の子どもたちとじっくり遊べることになりましたので、立派に成長した姿に思いを馳せながら、残りの日々を存分に楽しみ、大切に過ごしていきたいと思います。

和島 真里

|2021年1月 巻頭言へ|

ページ上部へ戻る

入園お申し込みお問い合わせ
学校法人 鶴岡学園 北海道文教大学附属幼稚園
〒005-0849 札幌市南区石山 531番地 TEL:011-591-7512/FAX:011-596-7517